トップ > 学校紹介 > 校長あいさつ

校長あいさつ

本校は、発展するふじみ野市の中央に位置し、市役所や商業施設に隣接する文教地区にあります。

平成14年に旧上福岡市立第2小学校と旧第4小学校が合併して、「上福岡市立上野台小学校」として開校しました。その後、平成17年市町合併により、「ふじみ野市立上野台小学校」として、今に至っております。

上野台小学校となってから、開校19年目を迎えます。卒業生の数は、第2小学校4,571名、第4小学校3,612名、上野台小学校1,576名で、併せて9,759名です。卒業生は、行政や民間はもちろん、教育界、スポーツ界、芸能界などに多彩な人材を輩出している歴史と伝統ある学校です。親子共に縁とゆかりのある方も多く、地域から愛されている学校です。



本校の自慢は、元気で明るく素直な子供たちと、学校を応援してくださる学校応援団です。学校応援団は、保護者・おやじの会・いきいきクラブ・スクールガードリーダー・環境ボランティア・学習支援ボランティアで構成されています。登下校見守り、ひかり祭での輝きジャンボチャーハン、卒業記念祝い餅、読み聞かせ、四季折々の花が咲き薫る花壇、ふれあい除草や昔の遊び体験など、学校・家庭・地域が一体となった温かい教育活動が展開されています。平成28年度には、そのような活動が評価され、「地域学校協働活動に係る文部科学大臣表彰」を受けました。地域と協働で、校歌にある「太陽の子供たち」が集い、育つところが上野台小学校です。



本校は、地域協働学校(ふじみ野市版コミュニティー・スクール)となって3年目を迎えます。学校・保護者・地域・行政の代表からなる学校運営協議会があり、そこで課題を討議し、教育活動を推進しています。本校の特色は、以下のとおりです。



1 「ふるさと学」という社会に開かれた教育課程

総合的な学習の時間を「ふるさと」と名付け、地域の教育力を生かして、地域から始まる歴史・環境・福祉・キャリア等の学習を行います。また、生活科・社会科・理科・音楽・特別の教科道徳においても、地域と関わる単元を「ふるさと学」として編成しています。

2 サマーチャレンジ

夏休みに、希望制で講座を開催し、子供たちの多様な学びをサポートします。講座は、市長部局と連携して、地域の団体や保護者が運営します。これまで、水泳教室、英語教室、アート教室、防犯教室、パラリンピック競技体験教室などを実施しています。

以上、学校・家庭・地域の協働で、令和時代を担う子供たちを「共育」してまいります。どうぞ、よろしくお願いいたします。



ふじみ野市立上野台小学校長  

嘉手川 満  

000

このページの上へ