トップ > 学校紹介 > 大井小の窓

大井小の窓

大井小の子供たちの学校での様子をお伝えします (大井小の窓令和2年度版はこちらへ

4月30日(金)図工作品の紹介〜4年生〜

「絵の具のぼうけん」と題した、楽しい作品が掲示されました。
ビー玉などの材料を効果的に使い、動きのある構図が工夫されています。
大井小ギャラリーで子供たちが立ち止まって見る様子が想像できます。

4月28日(水)代表委員会

なかよしタイムに集まり、計画委員を中心に大井小学校のスローガンを決めていました。
各クラスから出された案を大切にしながら、共通する考え方や言葉を整理していました。
はじめに発言したのは、3年生(初めて代表委員を置く学年)です。自分の考えを伝える姿は実に堂々としていました。
最終案は、計画委員が取りまとめます。

4月27日(火)1年生を迎える会

例年は体育館で行われる行事です。
今年度は感染防止のため、校庭を会場に計画委員が中心となって開催しました。
2年生から6年生までの代表が、1年生へのメッセージを伝え、その学年全員が起立して1年生へ手を振るなどのアピールをしました。〇✕クイズで楽しいひと時を過ごし、2年生から1年生へ朝顔の種のプレゼントが手渡されました。
1年生からのお礼の言葉に、在校生の間から「かわいい。」の声が聞こえてきました。
短い時間でしたが、とても温かな会でした。
計画委員、代表委員の皆さん、素敵な会をありがとうございました。
1年生のことを優しく気遣う在校生の気持ちがあふれていました。

4月26日(月)1年生 はじめての給食

今日から、1年生が楽しみにしていた給食が始まりました。
学校での給食は、これまでの生活とは手順や規模も違うと思います。
子供たちは、担任の話をよく聞いて、手洗いやコップの準備をしていました。
給食当番が準備している間も、静かに姿勢よく待っている人がほとんどで感心しました。
待っている間、「いいにおい!」「甘いにおいもする!」と期待が膨らみます。
3月まで幼稚園や保育所等で、一番上のお兄さんお姉さんだったから、配膳も上手です。
箸の使い方も上手な人をたくさん発見しましたよ。
これから、給食に出るいろいろな食材を味わって食べましょう。

片付けの時には、6年生の給食委員が手伝いに来てくれました。ありがとうございました。
学校紹介の『給食のページ』では、給食センターの献立紹介にリンクしています。

4月23日(金)今年度はじめての避難訓練

新しい教室からの避難経路を確認しました。
緊急地震速報の音源などを合図に、素早く机の下に入り、机の脚をしっかり持っていました。
地震はいつどのような場面で起こるかわかりません。
『おさない、かけない、しゃべらない、もどらない、ちかづかない』は避難時の約束です。
今年度も、まん延防止等重点措置への対応のため、間隔をあけ、学年ごとの訓練にしました。

4月22日(木)図書室の本紹介コーナー

図書室には、月、木の週2回図書支援員の齋藤博子さんが来ています。
図書室の整備や、教科で使用する資料などを探しやすいように準備したり、テーマに合わせた紹介コーナーを作ったりして機能性の高い素敵な図書室にしています。
クリスマスや豆まきなど季節に合わせた本の紹介コーナーは、学校応援団の方も協力しています。

今回のテーマは恐竜です。
思わず笑ってしまうような本、真剣に調べてみたい本など多様な本が並んでいます。子供たちに人気のコーナーです。

4月22日(木)令和3年度の委員会活動

昨年度は臨時休業の関係で、当初からの委員会活動は開始できませんでした。
今年度は順調に活動が動き出しました。
6年生はリーダーであるという自覚が高く、積極的に委員長に立候補する姿、活動目標を提案する姿などが見られました。

4月21日(水)計画委員始動

計画委員が、各教室を回り、大井小学校のスローガンを作るべく意見を集めています。
低学年には、わかりやすく例を挙げて説明している場面も見られました。
意欲をもって計画委員になった5,6年生が、先ずは学校の目指す方向性を決めていきます。
明日は委員会活動があります。高学年児童一人一人が学校を支えるため、どのような働きかけをしていくのか、期待が膨らみます。

4月20日(火)プログラミング教育研究会との打ち合わせ

玉川大学、城西大学の教授として教鞭をとっていた三人の方が、大井小学校のプログラミング教育を応援してくださいます。斎藤様、加藤様、出口様は、ふじみ野市協働推進課の生きがい学習係に、『小学校のプログラミング教育研究会』として団体登録しています。大井小学校との共同研究を進め、ふじみ野市全体に取組を広げる予定です。
その第一弾として、昨年度6年生の理科でのプログラミング学習の様子を見ていただきました。今年度は、職員研修にも参画し、教材開発等を教職員とともに考えていきます。
子供たちの新たな学びのために、様々な経験をお持ちの地域の方と協働する仕組みを作ってまいります。

4月19日(月)花ボラさんのおかげで

学校応援団の花ボラの皆さんが、計画していた活動日です。
プランターに種や球根を植えて、これから育つ花を準備したり、道路沿いの植栽の場所に、さらに季節で咲く花の種を蒔いたり、と活動してくださいました。
児童の除草ボランティアも、休み時間に花壇で活動していたので、一緒に活動する時間もありました。
昨年度は、臨時休業のために、学校応援団の活動が始められず、種まきや苗植えの時期を逸してしまいました。
花ボラの皆さんは、たくさんの構想をお持ちだったのに残念だったかと思いますが、今年は早々に活動を始められました。昨年からお力添えいただき花壇を整えてきましたが、草花の明るい彩りが添えられた学校は、やはり明るく感じられますね。活動ありがとうございました。
芽が出てきたときに、雑草だと勘違いして抜いてしまうことがないように、子供たち、応援団の皆さんと大切に育てます。

4月16日(金)子供たちを迎えるために

教室では、担任からのメッセージが黒板に書かれています。
子供たちを励ますものであったり、自覚を促すものであったり、担任からの思いや願いが表れています。
写真は、給食開始の日の朝ですが、活動が活発になるにつれて、様々なメッセージが記されます。
願いは一つ、毎日、子供たちが元気に学び合えますように。

4月15日(木)穏やかな日差しの中で

朝の冷たい空気はどこへやら。温かで穏やかな日差しの中を、2年生が嬉しそうに何やら観察していました。
一生懸命に詳しく書こうと真剣です。そして、お友達と気づきを伝え合いながら発見を楽しそうにしています。
子供たちが、何かを学び取ろうとしているこのような光景を見ると、子供たちの学ぶ環境を何としても守らなければと強く感じます。

本日の登校時には、多くの保護者の方のご協力をいただきました。昨日のメール発信直後に、低学年だけになる班はないか調べたり、その班に付き添ってくださったり、いつもより長く見守ってくださったり。本校職員も可能な限り各所の登校指導に向かいましたが、その途中で、保護者の方が見守りをしてくださっている姿を目にして帰校しました。メールの内容を直ちに把握し、子供たちの安全確保を第一に考え、そのために心を寄せていただいた皆様に深く感謝いたします。

4月14日(水)靴揃えは心揃え

昨年度からの大井小学校の自慢の一つが、下駄箱の靴揃えです。
慌てず、丁寧に靴をそろえることは、落ち着いた毎日の生活につながります。
今年度にも、その良さが継続されているので嬉しく思っています。
廊下歩行でのあいさつもぐっと増えてきました。リーダーである6年生とフォロワーである5年生の意気込みが感じられます。

4月13日(火)久しぶりの授業参観・学級懇談会

昨年度は、感染拡大防止のため卒業学年以外は授業参観を実施しませんでした。
今年度は、感染対策のため、二部制、短時間にしての実施としました。
久しぶりの授業参観ではありましたが、手指消毒、私語を控えること等お願いをしての実施でした。
今後の実施については、感染状況を踏まえて検討します。
ご協力をいただいての参観ありがとうございました。

一年生の頑張るエールが掲示されましたので紹介します。

4月12日(月)縄跳び台が嬉しくて!

土曜日に完成した縄跳び台に子供たちが集まってきました。
短縮日課なので、縄跳びは持ってきていないのですが、昨年度おおいに練習した現2年生がさっそく感触を確かめていました。エア縄跳びも軽快でした。
今年度も、元気に練習する姿が見られるかと思うと、製作に関わってくださった方への感謝の気持ちと子供たちへの応援の気持ちでいっぱいになります。

4月10日(土)おやじの会主催 縄跳び台づくり

子供たちが使って縄跳びの技が劇的に変化する縄跳び台。
待望の追加制作が、本日大井小学校校庭で行われています。(現在進行中)
おやじの会細川会長が声をかけてくださり、学校応援団、学校運営協議会、旧職員等も加わり朝から作業を開始しました。3台の補修と5台の新調で、合わせて8台が完成します。
おやじの会はじめ集まってくださった皆さんのおかげで、子供たちの縄跳び熱がさらに盛り上がることと思います。
ご協力いただいた皆さんありがとうございます。

4月9日(金)意気込み紹介A

引き続き5,6年生とすぎの子学級を紹介します。

4月9日(金)各学年の意気込み紹介

学年学級では、子供たちとの出会いに向けて、担任の様々な思いをメッセージにしました。
階段や教室に掲示して、新たな気持ちで新年度をスタートしました。
学年の願いを紹介します。

4月8日(木)入学式

一年生68名が入学しました。
大井小学校のみんなが、心待ちにしていました。嬉しいことをたくさん作っていきましょう。

昨年度は二部制の入学式でしたが、今年度は揃って入場し、式の時間をできる限り短くしました。
学級活動は、密を避けるために、保護者への説明と、一年生と担任との出会いの時間を分けて行いました。
一年生が呼名に対して元気よく返事をする場面は、別室でのLIVE配信により、保護者の方に見届けていただきました。
教室移動などご不便をおかけしましたが、ご理解ご協力をいただき、感謝申し上げます。
式でもお話ししましたが、正解を誰も知らないこの状況下ですが、子供たちの安全を優先し、これまでにはなかった対応策をとることもあると、ご了解いただけるとありがたいです。工夫しながら学校教育を進めてまいります。

今年度より、持続可能な社会を目指す取組を踏まえ、紙媒体を削減するためにHPでの情報発信を進めます。文書の掲載は、学校メールでお知らせいたします。お子さんが帰宅するよりも早くお手紙の内容を把握できる、というメリットがあるかと思いますが、運用する中で不都合があれば改善してまいります。紙媒体が必要な場合は、教頭までご相談ください。

4月8日(木)令和3年度始業式

陽光眩い中、令和3年度が始まりました。
2年生から6年生が一堂に会して、初めて校庭での始業式を行いました。
校歌は、熹先生の伴奏を聞きながら、心の中で歌いました。
新しく大井小学校のお友達になった人や新たな教職員には、拍手であいさつをしました。

始業式に際し、大井小学校の全ての子供たちに求めることは、今年度も『自分の頭で考える』ですが、学年ごとにさらに心掛けてほしいことを伝えました。
6年生 考え抜くこと・・リーダーとしてより良い方法を追求する。
5年生 支えること・・リーダーを支える。
4年生 気づくこと・・リーダー、サブリーダーの行動を見て、自分がどう行動するか気づく。
3年生 見つけること・・素敵な行動を見つけ、手本にする。
2年生 優しくすること・・下の学年に、同級生に対して優しい気持ちで接する。

最後に、修了式の日に机・椅子の移動をし、新しい教室を作ってくれた6年生にお礼の拍手を送りました。
6年生の皆さん、大井小学校のリーダーとしての行動をますます期待しています。

かけがえのない一年を、途切れることなく見守れることに何よりの感謝を込めて、教職員一同新たな気持ちで進んでまいります。

このページの上へ